ここでは、キューレット と呼ばれる部分について掘り下げます。この小さな部分はダイヤモンドの先端にあり、そうは思われないかもしれませんが、いくつかの理由で重要な役割を果たすことがあります。

キューレット

ラウンドブリリアントダイヤモンドは、57または58のいずれかのファセットで構成されます。この違いは何ですか?ダイヤモンドの先端にあり、キューレットと呼ばれるテーブルに平行して細かく磨かれた余分なファセットがカットされているかどうかです。これは、主にラウンドブリリアントダイヤモンドに適用され、ほとんどのファンシーダイヤモンドや古いカットにはあまり適用されません。

キューレットの主な目的は、実際にはダイヤモンドの角(ポイント)へのダメージを防ぐことです。キューレットがない場合、時間の経過とともにダイヤモンドの先端が小さく欠ける可能性が高くなります。ダイヤモンドを購入 するときに調べるべき必須の特徴ではありませんが、ダイヤモンドのサイズと使用する予定のセッティングに応じて考慮することができます。

ダイヤモンドをリング上に高くセッティングし、リングを囲むようなリング構造であれば、もちろんキューレットを持たない ダイヤモンドを購入 することができます。

キューレットが大きすぎるとどうなるでしょう?

キューレットのサイズはパーセンテージ(百分率)で決定されます。これは、キューレットサイズをミリメートル単位で石の平均直径で割り、結果を100倍して計算するということです。

この結果に基づいて、キューレットが約1.5%と測定される場合には非常に小さい、または小さいと定義され、15%と測定される場合には非常に大きい、またはきわめて大きいと定義されます。

ないもの、非常に小さいもの、小さいものが、視覚的に最もよく評価されるサイズです。中程度は、ダイヤモンドの大きさにもよって許容される場合もありますが、それ以上は推奨されません。

キューレットのサイズが大きすぎると、「ウィンドウ」と呼ばれるものが生じ、これは文字通りダイヤモンドの内部を見通すことができるようになります。疑わしい場合には、この小さなトリックを試してみてください。ピンセットでダイヤモンドを表向きにし、ダイヤモンドの下でペンを動かします。キューレットのファセットが大きすぎる場合は、文字通りダイヤモンド越しにペンを見ることができます。

ダイヤモンドがすでにリングにセットされている場合、見やすくはないことは承知していますが、どこを見たらよいのかが分かれば、セットされたリングであって見つけることができます。

ダイヤモンドを購入するとき、ダイヤモンドの“解剖学”のこの特定の部分を考慮する必要がありますか? 価格はキューレットのサイズによって変わる可能性があることから、弊社ではそう信じています。

ダイヤモンドを購入 することを検討中で、この特定のテーマに関するガイダンスが必要な場合は、BAUNAT  のチームがあなたのお問い合わせに喜んでお答えし、お手伝いいたします。

 

ダイヤモンドをはじめ BAUNAT のジュエリーは、最も評判の高い研究所によって保証されており、弊社ではお探しのものをお届けできることを確信しています。 

Share on: