結婚5周年、10周年...と、多くのカップルは記念日を特別な贈り物で祝います。男性は、最愛のひとにダイヤモンドリングを贈りたいものです。特別なルールはありませんが、個人のスタイルに合ったリングを選択することをお勧めします。結婚記念日は、気づかずに忘れてしまうことができない大切なマイルストーン。それにはもちろん、ダイヤモンド、女性に言わせればより多くのダイヤモンドを。愛は祝われるべきだから。

錫かアルミニウム?

過去には、カップルたちは結婚5周年にお互いに木材製品を贈りました。10周年には錫やアルミニウムなどを、50周年を迎えたらダイヤモンドや宝石をセットしたゴールドジュエルを贈る金婚式です。現代の伝統では、10周年の結婚記念日に男性はダイヤモンドリングをプレゼントしなければなりません。しけれど、私たちは特になんでもない結婚記念日にダイヤモンドリングを贈ってサプライズを仕掛けることをお奨めします。このリングは エンゲージリングやウェディングリング にマッチすることが重要です。そうすれば、これらのリングは同じ (薬)指に嵌めることができるからです。ただし、これは必須ではありません。さらに、別の貴金属から制作される様々なリングが確かにあり、現在非常に人気となっています。記念日のお祝いには、男性はダイヤモンドのエタニティリングを選ぶことが多いようです。けれど、想像力を働かせて、変わったギフトを贈ることもできます。重要なのは、リングが結婚の年月を経て変わったかもしれない、あなたの恋人のスタイルに合うこと。

ダイヤモンド!

ほとんどの女性は、このダイヤモンド付きのリングを、エンゲージリングやウェディングリングと一緒に着けます。右手の中指で、または ウェディングリングの代わりに着けるひともいます。あなたの個人的な好みによります。アニバーサリーリングは、完全にウェディングリングと置き換えることができます。あなたの結婚式の新しい章だと考えてみれば、納得です。あなたを良い気分にしてくれることが、非常に大切なのです。

ダイヤモンドのリングは、記念日のお祝いするのに、いつだっていいアイデアです。BAUNAT は、あなたの結婚記念日を祝うための美しい ダイヤモンドリング を探すお手伝いができれば、嬉しく思います。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER