お互いに贈り物をすることもなく、結婚記念日を祝わないカップルがいることには驚かされます。結婚して10年、あなたの人生の最高の一日は記憶に強く残っているでしょう。二人には、山あり谷ありのたくさんの思い出があります。お二人がお互いをまだどれだけ愛しているかを示すのに、完璧な時。ダイヤモンドの宝石を購入することによって、夫は二人のリレーションシップが彼にとって今でも大切で、意義深いものであることを示すのです。ダイヤモンドは、究極の愛の象徴の一つ。けれど、ダイヤモンドの宝石でサプライズを仕掛けられたいと思う男性も、どんどん増えています。つまり、男性であろうが女性であろうが問題ではなく、ダイヤモンドを片手に、10周年の記念日をお祝いし、愛を告げましょう。なにもせずに過ごしてしまってはだめです。 

彼女のために

深く考えずにダイヤモンドの宝石を購入するひとはいません。多くの要素が予算と彼女の好みによります。女性の多くは ダイヤモンドペンダントが付いた美しいネックレス や エレガントなテニスブレスレット を愛でます。これらの宝石は、特に友人や同僚、家族といるときに際立ちます。みんなダイヤモンドジュエリーについては騒ぎがちです。みんな、あなたが夫にまだどれだけ愛されているかを知るのです。

あなたが彼女に与えたエンゲージリングが小さかったと思うなら、結婚10周年の記念日には彼女にもっと大きなダイヤモンドリングを贈る、またとないチャンスです。現在のエンゲージリングにダイヤモンドを追加することもできます。たとえば、彼女にソリテールのエンゲージリングを贈った場合、それを トリロジーリングに直すことができます。これは、過去、現在、未来を象徴するものです。

彼のために

男性のためのダイヤモンドを購入することは、少し難しいかもしれません。ダイヤモンドジュエリーを着ける男性が男らしくないということは、絶対にありません。ちょっとラフな、男らしいモデルのほうがお気に入るということはあるかもしれません。男性用 ウェディングリング をお直しし、ダイヤモンドを追加することもできます。けれど、特に カフスボタン がプレゼントにはとても素敵です。ダイヤモンドをセットすると、エレガントかつさりげなく人目を惹きます。

結婚10周年を記念して、サプライズでダイヤモンドジュエリーを購入する予定ですか? 弊社の豊富なダイヤモンドジュエリーコレクション をご覧ください。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER