ダイヤモンドの強化 は、質の低いダイヤモンドの外観の改善を目指し、研磨されたダイヤモンドに施す特定の処理です。例を挙げると、穿孔を開けて黒い炭素不純物を取り除き、内部の裂け目を埋め、ダイヤモンドを加熱して色のパフォーマンスを向上させる。ファンシーダイヤモンドに頻繁に使用されます。ダイヤモンドの質を向上させるこれらの技術は、品質が低いダイヤモンドを売れやすくするために使用されます。訓練された鑑識眼があれば、その違いは簡単に見つけ出すことができます。あなたにも見分けられるかもしれません。穿孔を開けられたダイヤモンドは、ルーペを使わなくても見て分かることが多いのです。穿孔を開けて取り除かれた黒色の炭素残留物は、痕跡を残します。この痕跡自体は目につきにくいですが、特定の照明条件では青紫色か緑色に反射するので分かります。いわゆるフラッシュエフェクトで、充填されていることが明らかに示されます。

処理されたダイヤモンドはかなり一般的であり、注意しないと、顧客が気に入ってしまう可能性があります。その外観は悪くないかもしれませんが、品質は低さが改善されているわけではありません。この強化にはコストがかかります。ダイヤモンドはその最上級の品質を失い、極限状態、高熱や高圧、または酸などの腐食性物質に対しての耐性も失われています。天然ダイヤモンドは強く、環境にかかわらず常に自然の美しさをキープします。したがって、加工されたダイヤモンドはかなり低価格となります。ジュエリーの多くは、ダイヤモンドの処理方法について言及しておらず、知らない顧客にただ販売しています。「CE」(クラリティ強化)と表示するだけで、誰もその意味を知りません。そのような行為は、知識のない消費者にとって有害です。したがって、スマートな投資となるよう、ダイヤモンドが100%天然であるという確認を常に求めることが肝要です。

既にお分かりかと思いますが、私たちは強化ダイヤモンドが好きではありません。BAUNAT では美しくカットされた天然ダイヤモンドを提供しています。それこそが最も美しく貴重なダイヤモンドであり、間違いなく最もロマンチックです。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER