ビヨンセやキム・カーダシアンなどの有名人は、高価なエンゲージリングを見せてお披露めすることはできますが、歴史上のアイコンの魅力を取り戻すことはできません。50年代以降、セレブたちが結婚するときには排他的なダイヤモンドリングを用意することが求められました。エンゲージリングは目立たなければなりませんでした。大きければ大きいほど、よいのです。さらに、これらのリングは想像力に向かって語りかけ話し始め、人々は安価なバージョンを買って真似しました。最も有名なリングは、ダイアナ妃のものですが、他にも多くの例があります。そういうわけで、5つの象徴的なエンゲージリングについてお話しします:

エリザベス・テイラー

エリザベス・テイラーは俳優のリチャード・バートンとの2回を含めて、7人の男と8回結婚した。彼は、実はリズにリングを用意してプロポーズした訳ではありませんでしたが、彼女が世界的に有名なジュエリーコレクションを持つようになったのは彼の仕業です。テイラー-バートンダイヤモンドとクルップダイヤモンドについて考えてみましょう。映画と演劇のプロデューサーであったマイク・トッド(3番目の夫)は、彼女に30(!)カラットのエメラルドカットダイヤモンド付きの、最も美しいエンゲージリングを贈りました。 

ダイアナ妃

間違いなく、最も美しいエンゲージリングの1つはダイアナ妃のものです。リングは、12カラットの セイロンサファイア とその周りを取り巻く14個ダイヤモンドで構成され、今日ではケイト・ミドルトンの指を誇らしく飾っています。彼女のおかげで、このタイプのエンゲージリングは、前例のない成功を収めたくさんのコピーが出回った80年代同様に、再び人気を博しています。

ジャッキー・ケネディ

エメラルドは、非常に長期間にわたり人気のある宝石です。ジョン F. ケネディが ジャッキー O. に贈ったエンゲージリングのおかげで、60年代以降、この緑の宝石はさらに人々のお気に入りになりました。ダイヤモンドとエメラルドでできたこのアイコン的なリングは、他にないアールデコの表情をしていました。

オードリー・ヘップバーン

メル・ファーラーは、エンゲージリングを選ぶ前にオードリーのアイコン的なスタイルを観察しました。その上で、彼は ホワイトゴールドのエタニティリングを片手に彼女に求婚したのです。これは後に、イエローゴールドとピンクゴールドのウェディングリングと組み合わされました。これにより、オードリーは気分や服装によってリングを組み合わせることができたのでした。

マリリン・モンロー

ヤンキーズの伝説の選手ジョー・ディマジオは、マリリン・モンローに35バゲットをセットしたのプラチナのエタニティウェディングリングを贈りました。彼らの結婚は長続きしませんでしたが、エレガントなエタニティリングはまだまだ人気があります。

BAUNAT には、美しい エンゲージリング のコレクションが豊富にあり、理想的な ダイヤモンドリング をお探しのあなたのお手伝いをします。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER