”ダイヤモンドのように明るく輝く。”これは、太陽光、蝋燭の光、人工光の下で、光源に応じてさまざまな解釈がありそうな表現です。それぞれでダイヤモンドの”輝き”は、違ったものとなります。これは、光がダイヤモンドの輝きにどのように影響するかの重要性を証明しています。

シェイプ と‘カット 'という概念は、しばしば同じ意味で使われます。簡単に説明すると、シェイプとはダイヤモンドの形・形状を指し、カットはカットのクオリティを指します。ブリリアントシェイプのダイヤモンド には、光を反射し、ダイヤモンドを美しく輝かせる58のファセットまたは”鏡”があります。4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)のうち、カットは最も複雑で技術的に最も難しいものです。したがって、職人技が必要となります。BAUNAT では、少なくとも「非常に良い」カットのダイヤモンドしか使用しません。カットまたは研磨の質は、光がきれいに反射されるようにし、ダイヤモンドにその見事な輝きと美しさを与えます。ダイヤモンドが動くたびに、光と色の魅力的な遊びが窺えます。反射される光のこのシンフォニーは、輝き(ダイヤモンドによって反射される光)、ファイアー(スペクトルの色における光の散乱)、および煌き(光と暗領域のパターン、ダイヤモンドが動いているときの閃光)が組み合わさったものです。

環境の変化によってダイヤモンドが変化する様子は魅力的です。ダイヤモンドを購入する予定がある場合、ジュエラーにさまざまな光条件でダイヤモンドを見せてくれるように依頼してみてください。そうすれば、日中の光と人工の光の効果を比較できます。あなたが最もよく身に着けるであろう光の状態で、輝きが最高となるダイヤモンドを購入してください。購入後、できるだけ最良の方法でダイヤモンドをケアすることをお薦めします。ファセットは鏡のようなもので、清潔なときにこそ最高の輝きを放ちます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER