より一般的な方法でのダイヤモンドのさまざまな用途に関する記事をお伝えした後で、今回はダイヤモンドとテクノロジーの間の信じられないような関係と、それらがいかに互いに影響を及ぼしているかについてお話しします。

テクノロジーのためのダイヤモンドのニーズは、ダイヤモンド価格全体にももちろん影響を及ぼします。需要が増えるにつれて、需要と価格の関係が原石のダイヤモンド価格に影響を及ぼす可能性があるためです。

すでにご存じのように、テクノロジー目的で使用されるダイヤモンドの種類は、宝石用の品質に達しておらず、むしろ産業用の品質となっています。実際のところ、世界で生産されるダイヤモンドの約70%は、宝石用の品質を持ちません。

技術におけるダイヤモンドの意外な用途 

  • 太陽光エネルギー

ゼネラルエレクトリック社は、炭化ケイ素と呼ばれる、ダイヤモンドとシリコンを組み合わせた非常に新しい材料を開発しました。それは、太陽電池によって生成される直流を交流に切り替えるために使用される、高効率のインバータを構築するチップに使用されています。

  • 半導体

ダイヤモンドは熱伝導率は高いものの、導電率は低いことが知られており、従来のシリコンに代わってダイヤモンドが電子回路で使用されるようになってきています。

  • 浄水

ダイヤモンドは、非常に過酷な環境に耐えることが知られており、生物学的に不活性であり、実際に化合物の酸化を可能にする電気化学的性質を有し、これにより水処理に使用される製品を製造するのに最適な材料となっています。

  • 偽造防止技術

信じられないかもしれませんが、認証、建設、および識別技術のための偽造防止システムの開発の際に、ダイヤモンド粒子の使用を専門にしている、Taneehと呼ばれる米国の会社があります。
 

技術分野でのダイヤモンドの用途は他にもいくつかありますが、ここでは最も予想外に思われた4つを取り上げてみました。

さまざまな種類の用途を見ると、いくら宝石の品質のダイヤモンドよりも量が多いとはいえ、異なる産業間で産業用ダイヤモンドの需要が市場のダイヤモンド価格に影響を及ぼしているのではないかと考えずにはいられません。需要が変動し市場に出回る量が変化すると、ダイヤモンド価格の上昇と下降は必然的に避けられません。

Share on:
SARA SIX