ダイヤモンドの縦横の比較。ファンシーシェイプの輪郭を分析するためにのみ使用されます。ラウンドカットダイヤモンドに適用されることは絶対にありません。「理想的な」比率のようなものは存在しません。それは単に個人的な美に対する好みの問題なのです。たとえば、マーキスでは2対1の割合が最適だと言われていても、ほとんどの人がマーキスの実物を見ると、実際には1.80対1の比率を好む傾向にあります。マーキスの縦横比は、標準的には1.70対1から2.05体1の間が許容範囲ですが、およそ1.60対1の「太い」マーキスを強く望まれるお客様も、また、2.25対1の細長いマーキスをお求めのお客様もいらっしゃいます。

注目のジュエリー

  • 0.50 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールリング USD 2.650 から(税抜き)
  • 0.70 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 2.090 から(税抜き)
  • 1.00 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.210 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.280 から(税抜き)
すべての質問に戻る