王族のダイヤモンドの歴史を教えてください?

13世紀には、聖ルイ王(フランス王ルイ9世、1214-70年)が、当時その希少性と価値に基づき、ダイヤモンドは王のみが所持してよいとする瀟洒禁止令を制定しました。その瞬間から、王と王妃の両方のために、ダイヤモンドがロイヤルジュエリーに登場し始めました。17世紀から、ダイヤモンドはまた、ヨーロッパの大貴族階級と豊かな商人階級の間でも見られるようになりました。

最古のダイヤモンド加工産業は、1330年代のいずれかの時点でヴェネツィア(イタリア)に位置していたと考えられています。 ダイヤモンド加工は14世紀後半にパリとブルージュに到着した後、アントワープに到着したものと推定されています。

1499年までに、ポルトガルの航海者ヴァスコ・ダ・ガマは、希望岬岬の近くでオリエントへの海路を発見し、それまでヨーロッパ人にとってインドからのダイヤモンドの貿易の際の障害であった、アラブ勢力の影響を取り除くことに成功しました。インドのマラバル海岸にあるゴアは、ポルトガルの取引センターとして設立され、これによりゴアからリスボン、アントワープまでのダイヤモンドルートが展開しました。

注目のジュエリー

  • 0.75 カラットのラウンドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールペンダント USD 1.950 から(税抜き)
  • 0.50 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールリング USD 2.650 から(税抜き)
  • 0.70 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 2.090 から(税抜き)
  • 1.00 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.210 から(税抜き)
すべての質問に戻る