キューレット

これは、ダイヤモンドカッターがダイヤモンドのパビリオンの底に追加して施すことがある、小さなフラットファセットです。その目的は、パビリオンの先端が欠けたり損傷したりするのを防ぐことです。けれども、ダイヤモンドがジュエリーにセットされると、一般的にはセッティング自体がパビリオンに衝撃・磨耗からの十分な保護を提供します。オールドヨーロピアンやオールドマインカットのように、今世紀の初めにカットされたダイヤモンドでは、大きな,または非常に大きなキューレットが一般的でした。けれど、そのように大きなキューレットは今日ではめったに見かけません。現代のほとんどのシェイプでは、キューレットがまったくないか、小さい,または非常に小さいものになっています。

注目のジュエリー

  • 0.75 カラットのラウンドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールペンダント USD 1.950 から(税抜き)
  • 0.50 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールリング USD 2.650 から(税抜き)
  • 0.70 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 2.090 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.280 から(税抜き)
すべての質問に戻る