ダイヤモンドのカラー、クラリティ、カットとはどういう意味ですか?

  • 無色のダイヤモンドの「色」とはどういう意味ですか?
  • ダイヤモンドの不純物とはなんですか?
  • ダイヤモンドを購入するとき、どのカットグレードを選ぶべきでしょうか?
  • どの組み合わせがベストの品質になるでしょう?

ダイヤモンド購入時には、あなたの選択に大きく影響するいくつかの要素があります。このリストでは特に、カラー、クラリティ、カットの占める割合が高いです。ダイヤモンドの価値はどのようにして判断することができますか? 正しい選択ができるよう、誰が助けてくれますか?BAUNAT では、

無色のダイヤモンドの「色」とは?

無色のダイヤモンドでも、色は重要。グレードが低い色は黄みがかり、グレードが高い色は希少性から、コスパが劣ることがよくあります。BAUNAT ではデマンド応じてより高品質のダイヤモンドを提供しますが、標準的にははGとHのカラーをセットしています。Gはほとんど無色のグレードです。非常にかすかな色は、より高いグレードのダイヤモンドと比較すると肉眼で見ることができるかもしれませんが、ジュエルにセットされてしまうとわかりません。

Hでは、色は肉眼ではたしょう目につきますが、同じくジュエルにセットされてしまうとわかりません。このダイヤモンドはプラチナまたは18カラットのゴールドと組み合わせると美しく見えます。

ダイヤモンドの不純物とはなんですか?

ダイヤモンドの形成中に、小さなあざのようなものが現れることがあります。こういったものが内部にあるとき、不純物と呼ばれます。外部側あるときには、傷と呼ばれます。BAUNAT では、クラリティがVS2とSI1の物を使うことを選択します。グレードの低いダイヤモンドは目に見える欠陥がありますが、グレードの高いダイヤモンドは最適なコストパフォーマンスの品はあまりにも稀であることを重ねてお伝えします。前述のように、弊社では必要に応じて、クラリティのより高いダイヤモンドを注文することが可能です。

これらのダイヤモンドには、肉眼では見えないようなインクルージョンがあります。SI1では、インクルージョンは肉眼でわずかに見えますが、見えるのはコンディションが優れた状態のときだけです。

ダイヤモンドを購入するとき、どのカットグレードを選ぶべきでしょうか?

ダイヤモンド購入時には、カットグレードは非常に重要です。ダイヤモンド煌めきとファイアーの根底にある要素です。カットグレードは、ダイヤモンドのプロポーション、対称性、ポリッシュにより決まり、多くの要素の中で唯一の人的要因です。ダイヤモンドが深すぎたり浅すぎたりすると、光がダイヤモンドの側面と底面を通って逃げるようになりますが、巧みにカットされたダイヤモンドは、すべての光をクラウンを通して反射します。

BAUNAT によって使用される「ベリーグッド」カットは、カットの基準では世界的に提供されるダイヤモンド品質の約15%を構成します。「理想的」なカットとほぼ同じくらい多くの光を反映しますが、低価格です。

どの組み合わせがベストの品質になるでしょう?

最高のコストパフォーマンスが得られるよう、BAUNATは美しい白でクラリティの高いダイヤモンドを保証する、2つの組み合わせをご提供しています。さらに、弊社が取り扱うダイヤモンドはすべて最適カット品質のため、素晴らしい輝きを放ちます。G-VS2 のコンビネーションは、H-SI1 よりも少し明るく輝きます。カラーとクラリティにはわずかな差があります。この違いは、ダイヤモンドを並べて比較してみないと分かりません。

ダイヤモンド購入時に、他になにか重要な要素はありますか?完璧なダイヤモンドの買い方を教えてください。BAUNAT ノダイヤモンドエクスパートにパーフェクトなダイヤモンドの選び方をお尋ねください

注目のジュエリー

  • 1.00 カラットのピンクゴールドダイヤモンドフラワーリング USD 450 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのラウンドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールペンダント USD 1.950 から(税抜き)
  • 0.70 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 2.090 から(税抜き)
  • 1.00 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.210 から(税抜き)
すべての質問に戻る