フェザー

これらはダイヤモンドの小さな割れ目です。
通常、ダイヤモンドが地下で成長していたときに受けた甚大なストレスによって引き起こされます。場合によっては、フェザーはダイヤモンドの表面を走り、別の場合では、ダイヤモンドの内側から表面に走ります。拡大鏡で見ると、透明なフェザーと淡い白色の外見のフェザーがあります。「フェザー」という用語は、拡大鏡で見てこれらの傷がしばしば不明瞭なフェザー(羽根)のような形状をしているという事実に由来します。「傷」のあるダイヤモンドを購入すると思うと躊躇されるかもしれません。が、現実には、通常に装着しケアすれば、ほとんどのフェザーはダイヤモンドの安定性を損なうことはありません。想像なさってみてください:フェザーがあってもこれらのダイヤモンドは成長し、地表までの旅をサバイブしたのです。一旦地表に到着すると、採掘プロセスだけでなく、ダイヤモンドカッティングプロセスという過酷なストレスにも耐えました。確かにダイヤモンドは損傷が絶対に起こらないものではありませんが、毎日の装着中のケアと扱いの際の基本的な配慮さえ怠らなければ、その輝きはおそらくは何世代にもわたって守られます。

注目のジュエリー

  • 1.00 カラットのピンクゴールドダイヤモンドフラワーリング USD 470 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのラウンドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールペンダンント USD 1.860 から(税抜き)
  • 0.70 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 2.000 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.120 から(税抜き)
すべての質問に戻る