4 C とは何ですか ?

ダイヤモンドの品質は4Cで語られています:

  • カラット(重量)
  • カラー (色)
  • クラリティ(透明性か純度)
  • カット(カットの質)

これらの特性は、ダイヤモンドの品質を判断する参考材料であり、石を識別するために使用されます。

カラット

石の重さと大きさは、カラットで表現されます。1カラットは0.2グラムで、100ポイント(または200ミリグラム)に分けられます。
このスケールは、石の重さを表示するのに非常に正確で、小数第2位に切り上げられます。

カラー

ジュエリーで使用されているほとんどのダイヤモンドは、白から黄色の色味を持ちます。
白いダイヤモンドの色は、国際的に認められているカラーパレットにより決定されます。
色は、無色で最も人気の高いDから最も黄みがかったZまでの範囲があります。
ダイヤモンドはまた、茶色、オレンジ色、ピンク色または青色のものもあります。
最も濃い色合いは「ファンシー」と名付けられ、これは証明書に記載されます。こういったカラーダイヤモンドは非常にまれで、非常に貴重です。

クラリティ

石の透明度(または純度)を決定するために、熟練者は拡大鏡(x10拡大)を使って石を見ます。ほとんどのダイヤモンドは、包含物として知られている出生時標識で生まれています。欠陥が少ないほどより多くの光がダイヤモンドを照らすことができ、より煌めきます。その透明度が十分に良好であれば、ダイヤモンドは他のどの宝石よりも輝きます。

ダイヤモンドの透明度を損なうものは、2つあります。

  • 外部不純物:切削プロセス中に傷が発生するか、摩耗によるものです。
  • 内部不純物:これらのインクルージョンは、石の中の傷やシミに関連しています。多くの種類があります。

最も一般的なものは次のとおりです。

  • 石炭に由来する黒い点または暗い点。
  • クラウド(曇り) - 透明度を弱める肉眼には見えないベール
  • フェザー(割れ) - ダイヤモンドの不純物のほとんどは、石炭からの石への生成プロセスでの分子破壊から生じます。

透明度の決定

ほとんどの場合、石の透明度を判断するには、ルーペまたは顕微鏡(10倍)を使用します。この倍率で拡大しても見ることができない欠陥は、存在しないものとみなされるということです。

カット

カットは、ダイヤモンドの最も重要な特性です。ダイヤモンドにファイアーや煌めき、輝きをもたらす要素です。カットは、ダイヤモンドの比率や対称性、および磨きに言及するものです。ダイヤモンドの深さが浅すぎたり深すぎたりすると、光が石の側面や底を透過して、逃げてしまうのです。巧みにカットされたダイヤモンドは、ほぼすべての光をクラウンを通して導きます。

”カット”という語は、ダイヤモンドの形を表現するのにも使います。スタンダードのラウンドブリリアントカット以外のシェイプは、ファンシーカットと呼ばれます。最もよく知られているものは、マーキス、ペアー、オーバル、ハート、エメラルドカットです。

4Cの詳細については、弊社の専門ウェブサイト www.baunatdiamonds.com をご覧ください。

ダイヤモンドとグレーディング・レポートの詳細に関するビデオを見る

注目のジュエリー

  • 1.00 カラットのピンクゴールドダイヤモンドフラワーリング USD 470 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのラウンドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールペンダンント USD 1.860 から(税抜き)
  • 0.70 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 2.000 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.120 から(税抜き)
すべての質問に戻る