最愛の人のためにエンゲージリングを購入する男性が、別名ナベットと呼ばれるマーキスカットのダイヤモンドを選ぶことはほとんどありません。これは、最も一般的でないダイヤモンドのシェイプの1つです。マーキスは、2つの尖った端部を有する楕円形(56個のファセット)を有します。そして、このマーキスのシェイプは、ブリリアント や プリンセスカット ほど需要はありませんが、同じように美しいのです。

歴史

マーキスカットダイヤモンドの歴史は、18世紀フランスの ルイ15世 が、宝石商にポンパドール夫人として知られている愛人ジャンヌ・アントワネット・ポアソンの唇のように見えるダイヤモンドをカットするように頼んだ18世紀にまでさかのぼります。時間が経つにつれて、ダイヤモンドのシェイプは今日のマーキスに発展しました。

その名前は、公爵と伯爵の間の貴族である侯爵を指し、宮廷人が階級を誇示するためにマーキスカットダイヤモンドを身に着けたという事実に由来します。ダイヤモンドの形は舟のような形をしているため、フランス語で小さな舟を意味するナベットとも呼ばれます。もともとはダイヤモンドのカット方法でしたが、ルビー、サファイア、エメラルドなどの宝石をカットするのによく使われます。

マーキスを買うときのヒント

マーキスカットダイヤモンドのエンゲージリングを購入することも可能性ですが、このシェイプはどんなタイプのジュエリーでも美しいものです。マーキスを買うときには、いくつかの重要なヒントがあります:

  • マーキスの長い形は、薬指を長く、スリムに見せます。愛する人のためにエンゲージリングを購入しようとしている場合には、彼女の指の形をまず考えます。したがって、マーキスはむしろ 指が短い 女性に理想的です。
  • マーキスカットダイヤモンドの尖った端は、非常に損傷を受け易いものです。ダイヤモンドの角が、V字またはV先端のプロングセットで保護されていることを常に確認してください。
  • マーキスの2つの尖った端は完全に対称でなければなりません。どんなにわずかな不完全性も、ダイヤモンドの外観に影響を与えます。
  • アンティークな外観とスリムなシェイプは、無色のものの上にわずかに日焼けしたような白い色(例えばIまたはJ)を持つマーキスカットダイヤモンドであれば、多くのバイヤーに確実に好まれます。
  • マーキスの細いシェイプは、ダイヤモンドの中心の色をより少なくする効果があります。よくカットされた(重要です!)マーキスでは、ファセットの輝きによりこの効果は少なくなります。

エンゲージリング購入をご検討中ですか? BAUNAT があなたにピッタリのダイヤモンドシェイプを探すお手伝いします。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER