花嫁が幸せになれるよう、エンゲージリング選びは慎重に行わなければなりません。クラシックなソリテールを贈りたい人のために、貴重なヒントとしてここに考慮するポイントをいくつか挙げておきます。

リング購入用の予算を決定する

エンゲージリングの購入では、どんな状況であっても、正確な予算を決めてそれを守ることが重要です。ホワイトゴールド、プラチナ、イエローゴールドリング、またはピンクゴールドのエンゲージリングがあります。ダイヤモンドには、花嫁を誘惑するような、感傷的な価値があります。

愛するひとの人格を反映するリングを選択してください 

常に最愛のひとに最適なリングを選ぶことをお奨めします。彼女の趣味についてもっと知るには、ジュエリーボックスを見ると分かります。さらに、彼女の親戚や友人も時には貴重な情報源になります。これらのヒントを利使用すると、彼のパーソナリティに適したリングを容易に見つけることができます。

リングとマウントに集中

次のステップはリングとマウントの選択です。花嫁の好みを知ることで、理想的なリング(サイズ、スタイルなど)、金属セッティングの特性を選択しやすくなります。

リングの金属には、イエロー、ホワイト、ピンク、レッドなど、様々な種類のゴールドがあります。すべては予算と個人的な好みによります。ホワイトゴールドとイエローゴールドは、エンゲージリングに最も人気のある素材です。プラチナは別の貴金属で、ゴールドに代わる優れた選択肢です。よりオリジナルなジュエリーを贈りたい方には、ピンクゴールドが素晴らしい選択肢となります。

セッティングに関しては、最も一般的なものは立て爪のマウントです。石がいくつかの爪の間にベゼルセッティングで挟まれ、石は金属で囲まれます。テンションセッティングは、リングの美しさを高めるもう一つのセッティングです。BAUNATでは、プロング、テンション、大聖堂、ベゼル、キャッスツなど、多くの選択肢があります。

ダイヤモンドの選択

ソリテールはリングのダイヤモンドセットです。花嫁への新郎の約束と愛を表し、またフィアンセである女性のパーソナリティを反映したものでなければなりません。リングにセットされた石の数が二つ以上ある場合、それはもはやソリテールではありません。このタイプの宝飾品は、しばしば婚約と関連しています。愛する女性と結婚する新郎の約束に印を付けるということで。  

ダイヤモンドの選択は、予算とそれを永遠に着けるはずの花嫁の好みによって決まります。ダイヤモンドはリングから外れないよう、完全にセットしなければなりません。ホワイト、ピンク、グリーン、イエロー、ブルーなど色の選択肢が欲しいところです。ホワイトが明らかに最も一般的で、エンゲージメントに適していますが、購入前には「ファンシーカラー」と呼ばれる他の色を検討するのもよいでしょう。

ホワイトダイヤモンドの最も重要なことは、カット、カラット、クラリエィ、カラーの4つのCを考えること。実際、ダイヤモンドは、あるファセットから別のファセットへの光を反射するべきで、10倍の倍率で拡大して見ても完璧であり、「D」と「I」との間に分類されるカラーを持つべきです。

ダイヤモンドの選択は、まず金属によって行う必要があります。ダイヤモンドは、純白から黄色までさまざまな色をしています。様々な色みは文字で指定されています。D、E、Fの色はより白く、ホワイトゴールドとプラチナが適しています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER