婚約と結婚式は、伝統とエチケットがいっぱいの、人生の重要なイベントです。ウェディングリングとエンゲージリング は、互いへの永遠の愛と献身を象徴します。けれど、花嫁はどのようにそれらリングの両方を身に着けるべきでしょう? ウェディングリングの前にエンゲージリング? それともまったく逆で? また、人々はなぜ左の薬指のそれらを嵌めるのでしょうか? これら昔ながらの習慣については、まだ混乱がたくさんあります。

結婚式の日には、例外的に右の薬指にエンゲージリングを嵌めてください。結婚式の間、新郎はウェディングリングをあなたの左の薬指に嵌めます。この伝統は古代エジプト時代のものです。当時の人々は、左の薬指の静脈が心臓に直接つながっていると信じていました。本当にロマンチックな考えです。無事結婚したら、伝統に従って、エンゲージリングを左の薬指にもう一度嵌め直すことになっています。リングは単にウェディングリングの上に置くように嵌めます。女性の中には、このリングエチケットを無視し、この伝統を完全に破棄しているひともいます。彼女たちは代わりにパーソナルなタッチを加えます。どのような方法でエンゲージメントとウェディングリングを嵌めるすることを決定しても、リングが快適で、リングサイズ がピッタリであることは非常に重要です。結局のところ、指は右と左では、1つまたは2つサイズが違うこともあるのです。

何年もの間、男性がシンプルな ダイヤモンドのエンゲージリングを片手に、愛する人にプロポーズするのが伝統でした。けれど、時代は変わったのです。無色のダイヤモンドは、いまだにナンバーワンです。しかし、エンゲージリングには、カラーダイヤモンドや、ルビーやサファイアを美しく見せる宝石がセットされています。ウェディングリングの場合、カップルはそれほど伝統的ではない方向に向かう傾向があります。カップルはめったにマッチするウェディングリングを選ぶことはなく、それぞれのパーソナリティに合ったリングを着けます。多くの女性は、伝統的なリングエチケットと独自のスタイルを融合させています。最終的には、エンゲージリングとウェディングリングのどの着用方法に決めるか、選ぶのはあなたです。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER