最近の調査では、女性の約半数がエンゲージリングの代金のうち半分を支払ってもよいと思っていることが示されています。プロポーズ の伝統的な方法が変わっていると結論づけることができる、驚くべき結果です。

自分自身に訊いてみましょう。ダイヤモンドエンゲージリングの代金のうち、自分で半分支払ってもいい?

自立した女性

昔むかし....伝統的にはプロポーズするのは男性のほうでした。男性はダイヤモンドエンゲージリングを片手に跪き、「結婚してください」とプロポーズしたのでした。けれども、時代は変わりました。男性が恋人にプロポーズする際に、よりオリジナルな変わった方法をとるという事実に加えて、女性から男性にプロポーズすることが頻繁に行われるようになってきています。女性の自立が進んでいます。女性が婚約指輪の代金の半分を支払うということも、より頻繁に行われるようになってきています。このようにして、カップルはふたりの関係のバランスを取ります。金額の半分を支払うということは、一緒に完璧な婚約指輪を探すということ。女性がリングを見て決めることができるのです。しかも、ロマンチックな旅行と組み合わせることもできます。

大きなダイヤモンド

女性がエンゲージリングのコストを分かち合うことに決めた場合、それによりさらなるメリットが生まれます。より大きなダイヤモンドを買う余裕ができるということ。たとえば、あなたが地金の貴金属分を支払う場合、彼はダイヤモンドにもっと多くのお金を使うことができます。カラットが増えれば輝きも増します。それは重要なこと。さあ、ダイヤモンドエンゲージリングの代金のうち、自分で半額支払ってもいいですか? メリットしか見当たりませんね。

美しいダイヤモンド エタニティ リングをお探しなら、弊社にお任せください。弊社の豊富な コレクション をご自由にお楽しみください。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER