ルーペのような拡大鏡を頭に浮かべると、お祖父ちゃんお祖母ちゃんが小さな文字や新聞を読むために、またはコレクターが絵画や切手の細部を見るために使うルーペを想像するかもしれません。

ダイヤモンド ルーペ は、小型で持ち運びが非常に便利という点でわずかに異なります。様々な倍率とフォーマットがあります。

適切なルーペは、10倍の「パワートリプレット」でなければなりません。つまり、端とカラーフリンジの歪みをなくすために3枚のレンズを融合させたものです。これらのルーペは市場で最も売れており、業界で最も多く使われています。例えば、GIA が石のクラリティ(透明度)のグレードを記述するときには、常に10倍の倍率のルーペを使うことが前提です。

市場では最大30倍の拡大ルーペを見かけることもありますが、それは非常に小さな商品向けであり、オフィスで仕分け人やバイヤーが使用するものであるため、一般的ではありません。

ダイヤモンドルーペは、より詳しく見ることができる顕微鏡に取って代わるものではありませんが、ダイヤモンドを売買する際にダイヤモンドのすべての主要なインクルージョンや特徴を見るために、世界中のダイヤモンド・ジュエリー業界で毎日使用されている重要なツールです

ダイヤモンドの購入

ダイヤモンドを購入する際には、もちろんよく知られている研究室の証明書を見てダイヤモンドの詳細を知ることができますが、石を自分で見て、カラー、クラリティ(透明度)、カットグレードその他の驚異を掘り下げることもできます。ルーペが便利なのは、そんなときです。小さくて軽く、どこにでも持ち運ぶことができます。

ダイヤモンドを購入する場合、考慮する必要があるいくつかの要素があります。見るべき外部の特性は、石のカット、その対称性、そしてポリッシュの状態です。また、ダイヤモンドを購入時にテーブル部分の大小に好みがある方もいらっしゃるので、その際にはそこも見ることができます。

また、石の内部の特性を見て、そのインクルージョンを特定し、気に入るかどうかを決める必要があります。

ルーペは、石がガードルにレーザー刻印があるかどうかを素早く識別しようとするときに非常に実用的です。これにより、研究室の証明書に関連する識別番号が直接確認できます。

BAUNAT では、評判の高い研究所の証明書を使用していますが、ダイヤモンドを直接ご覧になりたい場合には、BAUNAT の オフィス の1つにご来店いただけましたら、ダイヤモンドとその見方を理解するお手伝いをさせていただきます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER