発掘された瞬間からあなたの エンゲージ リング となってお手元に届くまでのダイヤモンドの旅はかなり長く、たくさんの考慮するべきステップがあります。

この旅の一部であるカッティング加工の5つのステップと、ダイヤモンドの原石を人々が エンゲージリングにセットしたいと思う輝く磨かれた石にする際の過程を、より具体的に掘り下げていきます。

ダイヤモンドのカットは、通常、ひとつの世代から他の世代に、一族の間で、または師匠から弟子へと伝えられる非常に特殊な技術です。これをマスターするには一生かかり、他の宝石細工とはまったく異なります。

  1. 計画。最終的な結果を決めるのが計画の段階であるため、計画は重要なステップです。計画には、最も売れる正しく市場性のあるシェイプを選び、ダイヤモンドの価値を最大化することが含まれます。第二に、原石から最大の価値を生み出せるよう、重量保持できるよう研究します。ダイヤモンドをカットするときに、平均で50%のロスが生じます。ダイヤモンド業界は、カラットあたりの値で働くセクターです。第三に、カットは色のグレードに影響を与える可能性があるため、色を強調するために特定のカットシェイプを使用する必要があります。
     
  2. 劈開か切断か。これは、ダイヤモンド原石をレーザーまたはメカニカルソーのいずれかを使用して、別々の部分に分割するパートです。
     
  3. ブルート。原石が分割されると、ブルートプロセスを使用して丸い形が作成されます。2個のダイヤモンドが、回転軸両端に置かれます。反対方向に非常に高速で回転し、お互いを研ぎ、粗いガードル仕上げがなされます。
     
  4. ポリッシュ。石が丸くなると、スピンホイールを使ってダイヤモンドに平滑なファセットを切り入れるプロセスが開始します。この手順は、実際には2つのさらなるステップ、ブロッキングとブリリアリングから成ります。ブロッキングとは、テーブル、16個のファセット、およびキュレットを追加して、シングルカットのベースを設定するもの。ブリリアント化の段階では、残りのファセットを合計58個のファセットに加えて研磨を終了します。
     
  5. 検査。これがプロセスの最終段階です。ダイヤモンドが製造者が指定した品質管理基準を満たしていることは非常に重要です。そうでない場合、ダイヤモンドはポリッシャーに送り返されます。

石をあなたのエンゲージリングにぴったりなものにするために必要なすべてのステップを知ると、ダイヤモンドを見る目にさらに愛情がこもるようになります。

BAUNATは、鉱山からエレガントなエンゲージリングとしてあなたの指までの旅する、ダイヤモンドに関するあらゆる質ご問に喜んでお答えする、エキスパートのチームによって率いられています。

弊社では、投資目的のための素晴らしいダイヤモンドの幅広い選択だけでなく、洗練されたジュエリーやアントワープで設計され、エンゲージリングの幅広いコレクションをご提供しています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER