長年の間、ダイヤモンドをセットしたホワイトゴールドのリングは、未来の花嫁によって高く評価されてきています。未来の花嫁にもっとオリジナルなジュエリーを贈りたい人には、あまりにもありふれたリングに代わる、多くの選択肢があります。

各種合金とその意味

エンゲージリング は、新郎の妻への愛を象徴します。急いで宝石を買う前に、リングの金属を選ぶことが非常に重要です。ホワイトゴールドはいま、最もファッショナブルな選択です。でも、プロポーズを特別な体験にしたい方なら、さらにインスピレーションを得て、ピンクゴールド、グレーゴールド、またはブラックゴールドといった異なる金属を選ぶことをお奨めします。

ピンクゴールドはロマンス、官能、誘惑、忠誠心、喜び、楽観主義を象徴します。70年代には、ウェディングリングと言えばこの材料が大半でした。

グレーゴールドはホワイトゴールドと同じですが、ホワイトゴールドには施されているロジウムメッキがされていません。これは、少しチタンを思わせる、ラフな外観を与えます。ロジウムメッキ素材とは異なり、グレーゴールドは男性性を象徴します。ウェディングリングのデザイン、特に新郎のデザインに使用されます。

非常にトレンディで、エレガンスを本当に重んじる方には、必需品です。この金色は、表面を処理することによって得ることができます。定期的なメンテナンスがなければ、この効果は時間の経過とともに摩耗する可能性があります。

ダイヤモンド

ダイヤモンドを選択する際には、金属の色を念頭に置いてください。ホワイトゴールドの場合には、黄色みがまったくないダイヤモンドと、DかはEのカラー、IFのクラリティと表示される、内部が無傷,フローレスと評価される組み合わせを選択することをお奨めします。けれど、これらのダイヤモンドは非常に高価です。

異なる金属の色を選択すると、リングの美しさを損なうことなく、品質の低いダイヤモンドを活用することができます。

ブラックまたはピンクゴールドリングの場合、金属の色がダイヤモンドの黄色みを隠すことができるため、お客様はIとZの間のダイヤモンドカラーを選択することができます。この方法で、あなたの愛する人にオリジナルの、けれども手頃な価格のリングを贈ることができます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER