ダイヤモンドは 賢明な投資 ですが、その取り扱いには注意を払っていますか? 地球上で最も硬い物質のひとつですが、取り扱いには注意が必要です。最近の研究では、10人中8人(女性も男性も)がダイヤモンドのメンテナンス方法を知らないということが示されています。野放図に使用すると、ダイヤモンドに恒久的な損傷を与える場合があります。したがって、ダイヤモンドリングを着用する際には常に注意し、掃除やガーデニングなどの過酷な状況を避けてください。一定期間が経ったら、ダイヤモンドにはメンテナンスが必要です。いくつかのヒントを挙げておきます。

輝きが鈍る

エンゲージリング や ウェディングリング のように毎日着用するダイヤモンドリングは、常にほこりや油、汚れやその他の化学物質にさらされています。ダイヤモンドがいったん汚れてしまうと、輝きが鈍り、目立たなくなります。輝きは、私たちがダイヤモンドを購入する最も重要な理由のひとつなのに、です。鈍く見えるダイヤモンドは、美しい外観を損ないます。ご自分のダイヤモンドをメンテナンスすることが重要です。

メンテナンス

そこで、ダイヤモンドリングを再び輝かせるメンテナンスについてご提案いたします。自宅で簡単にダイヤモンドをクリーニングできるデバイスがあります。リングを ジュエリークリーナー に置くだけで、残りの作業はマシンが行います。後は、宝石をマイクロファイバーの布で拭いて乾かすだけ。このマシンをご自宅に持っていなければ、白い石鹸を少し溶かしたぬるま湯と柔らかい(重要です!)ブラシを使って、ダイヤモンドリングをクリーニングすることができます。どちらのオプションでも、ダイヤモンドが美しい輝きを取り戻すことを保証します。

上記のオプションでは、傷を取り除くことはできません。ダイヤモンド同志は互いに損傷を与える可能性があるため、ダイヤモンドの宝石 はダイヤモンドとダイヤモンドを離すことによって、傷が付くことを避けることができます。ダイヤモンドの宝石はすべて、別々に保存してください。

BAUNATでダイヤモンドリングを購入なさったあなた。宝石のメンテナンスに関連するご質問がありましたら、お気軽に 弊社までお問い合わせ ください。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER