プラチナリングはそれ自身華やかで、(無色の)ダイヤモンドと組み合わせるとさらに美しくなります。プラチナは、刻印 に最適で、ダイヤモンドリングにパーソナルナタッチを与えます。けれど、プラチナを選択するとかなり高価であるため、しばしば予算があるかどうかによって決定されます。それでもプラチナを選ぶ場合、それは持続可能性への投資となります。この貴金属をもっと選びたくなるように、プラチナのメリットを紹介したいと思います。

プラチナはもともと灰白色です

プラチナの重要な利点 は、自然な(灰)白色であること。この貴金属は自然に灰白色をしています。これと比較して、ホワイトゴールドはしばしば加工されてロジウムの層を得て、白く輝きのある仕上がりになっています。しかし、この層は時間の経過と共に退色し、ホワイトゴールドのダイヤモンドリングであっても黄ばんできます。プラチナの場合はそうではありません。

プラチナなら復元することができます

この貴金属の自然密度と持続可能性の結果、プラチナリングは非常に簡単に元の輝きを取り戻すことができます。研磨すると、プラチナリングは美しい光沢を取り戻します。これが、まだ多くのヴィンテージ品が流通している理由です。貴金属にたしょう傷があっても、骨董品のバイヤーは絶望する必要はありません。専門家なら完全に復元することができます。

プラチナは純粋な贅沢品

プラチナのダイヤモンドリングを買うときに決定的な要因となるのは、そのシェイプと美しさだけではありません。プラチナリングを初めて持つと、すぐに重いことに気づくでしょう。プラチナは重い貴金属で、18カラットの(ホワイト)ゴールドに比べて約3分の1重いのです。金属の灰白色により、ダイヤモンドがさらに輝き、リングがより豪華に見えるようになります。

プラチナは強い

プラチナは簡単に傷がつきます。ですが、この貴金属が十分に強くないわけではありません。まったく逆です!プラチナは曲げたり鍛造したりするのがかなり難しいので、ダイヤモンドや宝石をセットするのに優れた選択です。他の貴金属よりもしっかりと石を適所にキープします。

プラチナは希少です

希少な物は高価です。プラチナリングは非常に貴重なため、安価ではありません。プラチナの世界的な需要は、ジュエリーの製造だけでなく、絶えず増加しています。今日、携帯電話などに少量使われているのを見つけることもできます。

プラチナは低刺激性です

プラチナのダイヤモンドリングは、アレルギーや敏感肌の人に最適です。特に、エンゲージリングやウェディングリングなど、毎日身に着ける人は助かるでしょう。1つの要件があって、それはリングを清潔に保つことです。温かい石鹸水と柔らかいブラシで時どきクリーニングする必要があります

他の宝石は、プラチナにとても美しく映えます。遊び心のある ダイヤモンドイヤリング から、ダイヤモンドや宝石製の エレガントなブレスレット まで、すべてが可能です。もちろん、イエロー、ホワイト、ピンクゴールドのジュエリーもご利用いただけます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER