イエローゴールドとホワイトゴールドのダイヤモンドリングは、常に人気がありました。女性は実際にどちらを好むかは固定していないようで、すべては彼女たちの個人的なスタイルと好みによります。イエローゴールドはよりクラシックなダイヤモンドリングが美しく映えますが、ホワイトゴールドも美しさの面で劣っていないことは確か。ところで、これらの2つの貴金属の違いは何でしょう? 最良の選択は何でしょう? これをステップバイステップで見直していきましょう:

カラットに違いはありますか?

18 kt のイエローゴールデンリングは、18 ktのホワイトゴールドのリングと価値はほぼ同じです。イエローゴールドとホワイトゴールドのダイヤモンドリングの価格差は、主にあなたが選ぶ特定のデザインによります。ホワイトゴールドがどのようにして作られるのか詳しく見てみると、純粋な黄金と他の金属、すなわち銀、ニッケル、パラジウムやマンガンの合金であることがわかります。イエローゴールドも同様に作られますが、色は黄色のままです。どんな種類の(そしてどれくらいの)金属が追加されるか、純金(黄色)の総量はどちらの場合も同じです。

ホワイトゴールドとロジウム

上に述べたように、ホワイトゴールドはイエローゴールドとニッケルの混合物です。これにより、ゴールドに典型的な銀色が加わります。けれども、ホワイトゴールドのダイヤモンドリングは、時間の経過と共に、特にリングの底部に鈍い外観(黄ばみ)が生じます。これはホワイトゴールドの主な欠点の1つですが、ロジウムの層でリングを再び覆うことで解決できます。ロジウムの層は、より白く美しい外観を保証するだけでなく、外的な影響からダイヤモンドリングを保護します。BAUNAT では、既存の顧客に対する感謝のしるしとして、リングを実費で価格でロジウム加工することができます。

イエローゴールドのほうが優れていますか?

ホワイトゴールドと同じように、イエローゴールドにも欠点はあります。イエローゴールドは柔らかい貴金属で、カラット重量が高いほど傷がつくのも早いのです。18 Ktイエローゴールドは、24 Ktイエローゴールドよりは、はるかに強いものです。イエローゴールドのダイヤモンドリングは、簡単に再研磨できます。けれど、その度に傷と一緒に金の層薄く取り除かれてしまいます。また、イエローゴールドのほうが色あせやすいです。このように、貴金属には長所と短所があり、その選択はさらに困難なものになります。

イエローゴールド対ホワイトゴールド:そして最良の選択は...

... 正解はありません! あなたが好む貴金属は、あなたの個人的なスタイルと好み、そして ダイヤモンドの色 に完全によるのです。このように、無色の石はホワイトゴールドとの組み合わせでさらに輝き、さらに カラーダイヤモンド をも目立たせます。持続可能な プラチナ も良い選択肢です。けれど、イエローゴールドにセッティングしたダイヤモンドも、どちらかと言うとクラシックな外見になりますが、非常によく映えます。

イエローゴールドかホワイトゴールドか、それは問題ではありません、私たち BAUNAT では、あなたのスタイルと好みにピッタリ合う、ダイヤモンドリングを 私たちのコレクション に取り揃えています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER