ダイヤモンドのカッティングは、粗いダイヤモンドを輝く宝石に変える生産工程のステップです。これは高度な専門技術であり、熟練した専門家によるたゆまない精度が求められます。経験豊富なカッターには、あなたの夢のダイヤモンドを安心して任せられる、カットの知識とツールがあります。

これは実際にはどのように行われますか? 舞台裏を見てみましょう。ダイヤモンドをカットする前に、シェイプが決定されます。どのようなシェイプがお好きですか? ラウンド、プリンセス、クッション、ペアー、それともオーバル...? ダイヤモンドは最も硬い鉱物であるため、ダイヤモンドでしか切断できません。今日、ほとんどの切削工具は、ダイヤモンドグリットで覆われた旋盤など、少なくとも部分的に機械を使っています。例えば、ダイヤモンド劈開やブルーティングにはレーザーが使用されています。フルプロセスは、計画、劈開、ブルーティング、研磨、検査の5つのステップに分かれています。原石の最終的な価値を決定するものであるため、時間のかかるプロセスです。

計画段階では、余分な切削を最小限に抑えて利益を最大化するため、原石からどのようなシェイプで切り取るべきかを見きわめます。

サリン機 が、最高のカッティングオプションを3Dで表示するために、原石の寸法を調べます。

1つの大きな原石から複数の小さなダイヤモンドをカットアウトしたい場合には、まずは原石を小さなパーツに分解する必要があります。ダイヤモンドは、機械的な鋸とレーザーで劈開されます。

分割されたパーツは、劈開後に角を取って丸くされます。これは、ブルーティングと呼ばれます。2つのダイヤモンド原石が、回転軸の反対方向に配置されます。これら2つのダイヤモンドの間に生成された摩擦により、両方の石がうまく丸められます。

この時点でファセットを作成することができます。研磨は、「ブロッキング」と「ブリリアント処理」の2つのステップに分かれます。ブロッキングは実際には、ブリリアント処理中に作業を終了してファセットを追加するために、使用するパターンを作成することです。研磨されたダイヤモンドの外観と輝きを決定するため、これは最重要ではないにしても、非常に重要なステップです。

最後に、磨かれた石は、厳格な国際基準に確実に適合しているか点検されます。BAUNAT の専門家は最高品質のダイヤモンドのみを選択しますのでご安心ください。彼らの専門知識が、お買い上げになるダイヤモンドには鮮やかなファイヤーがあることを保証します。 

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER