結婚記念日 は決して見過ごされてはなりませんが、ダイヤモンドなら絶対に見過ごされることはありません。結婚60周年ならなおさら特別です。素晴らしいギフトを贈ってお祝いしましょう。ダイヤモンドリングで彼女に再びサプライズを仕掛けると素敵です。特に、 クラシックソリテールリング なら文句なしです。それは、再び彼女に プロポーズ するようなもの。

ダイヤモンドジュビリー:歴史

美しいソリテールリングを購入する前に、歴史について少しおさらいしてみましょう。私たちはなぜ、結婚60周年を「ダイヤモンド婚」と呼ぶのでしょう? 本質的には、昔はダイヤモンド婚というのは結婚60周年ではなく、75周年を指しました。

が、1897年に、ビクトリア女王の60年間の統治を記念して、女王はこのイベントを ダイヤモンドジュビリー と名付けました。ビクトリア女王より長くイギリスの玉座についていた者はいないため、記憶に残る出来事です。それ以来、結婚60年周年をダイヤモンド婚として祝う夫婦がどんどん増えました。ダイヤモンドジュビリー だけが、この変化の理由ではありませんでした。75年の結婚生活というのは長すぎるという事実も、重要な役割を果たしました。この新しいやり方だと、より早くにダイヤモンドジュビリーを祝うことができ、もちろんダイヤモンドジュエルを贈って祝うことができるのです。

ギフトとしてソリテールリングを

ダイヤモンド婚の記念日には、ダイヤモンドの贈り物が必要です。基本的にはダイヤモンドジュエルで彼女にサプライズを仕掛けることができますが、クラシックな ソリテールリング なら、依然として非常に象徴的です。それは、奥様の に もう一度 エンゲージリング を嵌めるようなもの。たぶん、婚約当時、あなたは大きなダイヤモンドを買う予算がなかったかもしれませんが、今なら埋め合わせできるチャンスです。長年の結婚生活の後、いろいろありました。浮き沈み を共に乗り越えた奥様に、最高の品を贈りませんか?

もちろん、ダイヤモンドジュエルで彼女を驚かせたかったら、結婚60周年の記念日まで待つ必要はありません。毎年の 記念日 は、ダイヤモンドを買うのにうってつけの特別な機会です。

美しい ソリテールリングをお探しですか? 私たちの豊かな ダイヤモンドリング コレクションをご覧ください。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER