白いウェディングドレスが一般的になったのは、1920年代のことです。それ以前には、多くの花嫁は、黒い服を着て結婚式を挙げました。最近、私たちは黒のウェディングドレスの復活を目撃しました。この復活の始まりは、ヴェラ・ワングが最初の黒いウェディングドレスを発表した2012年でした。ブラックは、彼女の来年の春のコレクションの圧倒的な存在感を見せつけました。

多くの花嫁が黒のウェディングドレスをチョイスに入れるだろうとは思いませんが、いくつか紛れもないメリットがあるのも事実です。まず第一に、黒はエレガンスの象徴。第二に、痩せて見せる効果があるので、最高にスタイル良く見えます。その上、黒のドレスはすべての注目を花嫁に集め、従来の白いドレスよりも際立たせます。ゴシックとスタイリッシュ、病的とエレガントを画す一線は非常に薄いため、黒のウェディングドレスを選択する際には、以下の点に注意が必要です。ラインの静かな相互作用は、最高のアクセサリーを注意深く求めることで完成し、ベストの効果が得られます。その後に、控えめなメイクアップとスタイリッシュながらすっきりしたヘアスタイルの組み合わせを選択してください。黒いベールは着用しないでください。とてもスタイリッシュですが、葬儀専用です。

黒いウェディングドレスは、あなたのウェディングリングを目立たさずにはいられません。ブラックとゴールドは、最強の組み合わせです。 ここで どのダイヤモンドリングが黒のウェディングドレスに最適かを見てみましょう。

スタイルアイコンの具体例をお探しですか?エレン・ポンペオ(イヴサンローランの黒いヴィンテージ)、サラ・ジェシカ・パーカーやアブリル・フラヴィーンを検索してみましょう。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER