最近、アントワープ世界ダイヤモンドセンター (AWDC) は、ブラジル人たちが増加中のダイヤモンドの生産を確実にアントワープに輸出するよう、ブラジルで魅力攻勢を開始しました。

現時点では、ブラジルのダイヤモンド生産量はそれほど重要なものではありません。年間約50,000カラットで、270万ドルの価値となっています。そこでは主に、河床からダイヤモンドを採掘します。比較すると、最大の生産者は毎年20~300万カラットを生産しています。ブラジルはまた、主要な市場プレイヤーとしての地位を確立しようとしています。AWDCによると、約50の工業用ダイヤモンド鉱山が発見されています。

新しい市場

アントワープはこの新しい市場へのアクセスを望んでいます。ベルギーは労働コストと税率が高いため、ドバイやムンバイなどの主要取引センターとの競争は熾烈です。ダイヤモンドの首都 は、アントワープにダイヤモンドを輸出したがってもらうために、ブラジル人に追加サービスを提供することで差をつけたいと考えています。ブラジルのダイヤモンド生産量の半分はアラブ首長国連邦(UAE)へ行き、アントワープへはわずか10%しか届いていません。

ブラジルの当局担当者は、ダイヤモンドを認識するように訓練されています。より良い技術知識により、彼らがダイヤモンドをより速く輸出することを保証しなければなりません。ほとんどの国では、申請と輸出許可証の交付の間にかかる時間は約2日です。ブラジルでは、90日間 (!) です。さらに、訓練により、職員がいわゆるキンバリー証明書を提供できるようにしなければなりません。キンバリー・プロセス は、武器や紛争に資金を供給するためにダイヤモンドを使用する反政府団体を避ける必要があるとする、国際的な規制です。これは、アントワープには有利です。現時点では、ブラジルのダイヤモンドの大部分は私的に取引されています。ブラジルが加盟すれば、ダイヤモンドの首都はすぐに違法な競争を排除します。

ロビーイング

ブラジル人を説得するには、多くのロビーイング(ロビー活動)が必要です。昨年行われた前回のミッションでは、貿易外務長官(ピーテル・デ・クレム)とAWDCのCEO(アリ・エプスタイン)とブラジル当局の間で、すでに打ち合わせの会話が行われています。

昨年、アントワープを1億9,300万カラットのダイヤモンドが通過しました(= 483億ドル)。これはダイヤモンドの原石の84%と、研磨されたダイヤモンドの50%を占めます。アントワープは依然として世界的リーダーですが、どんどん市場シェアを失ってきています。したがって、ブラジル人と アントワープ経由で ダイヤモンドを取引することに同意に達することは非常に重要です。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER