アールデコのジュエリーを思い浮かべるとき、抽象的な形、魅惑的で時代を超越したエレガンスがイメージされます。このスタイル・ムーブメントは、20年代と30年代に影響を与えました。女性はもはや、ビクトリア朝の時代のように、ダイアモンドティアラや他のステートメントジュエリーを使って自分自身を飾りたいという衝動を抱かなくなりました。代わりに、長いネックレスとイヤリング、ヘッドバンドなどを着用し、かつてなかった丈の短いドレスを補おうとしました。幾何学的にカットされたダイヤモンドがいっぱいの、退廃的な時代。

アールデコは私たちの現在の精神にぴったりです。その頃のエンゲージリングの需要がますます増えているのも、驚くべきことではありません。けれど、ヴィンテージのアールデコ調のリングを見つけるのはそれほど簡単ではありません。非常に高価であることが多いです。そこで、カスタムモデルをお勧めします。助けが必要ですか? 弊社にお手伝いさせてください。

幾何学的なシェイプ

アールデコのエンゲージリングは、その幾何学的なシェイプ(三角形、四角形、長方形など)のダイヤモンドとデザインの両方で知られています。それがこのムーブメントの主な特徴です。バゲットが完璧ですが、エメラルドカットも適しています。注:長方形は、輝きが目立ちません。例えば、ラウンドダイヤモンドの輝きには敵いませんが、美しさには変わりがありません。また、今日の現代的なバリエーションと比較することはもはやできませんが、ブリリアントカットも非常に人気がありました。

対照的な色

通常、アールデコのエンゲージリングでは、カラーダイヤモンドや色石を使います。さらに、いくつかの(対照的な)色を組み合わせる場合もあります。また、無色または白色のダイヤモンドもまだ使われます。この退廃的な時代には、ホワイトゴールドやプラチナのアールデコのセッティングで輝くダイヤモンドがふんだんにあしらわれました。

BAUNAT では、エンゲージリングのコレクションを豊富に取り揃えていますが、リングをオーダーメイドすることもできます。さらにご質問がございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください

Share on:
SARA SIX