ホワイトゴールドが依然として最も人気のある色ですが、より伝統的なイエローゴールドのウェディングリングが「リベンジ」しています。また、今年は18Kのゴールドプラチナのウェディングリングがブームとなるでしょう。ゴールドの価格が下がったことから、人々は再びクオリティのあるものに投資したいと考えています。これにより、安価な9Kのゴールドやシルバーのウェディングリングのシェアが奪われています。 

最近では、ふたりのウェディングリングが同じ物であることは、重要ではなくなりました。幅に違いがありますが、より多くのカップルが、まったく異なる2つのウェディングリングを注文するようになっています。何年も気に入って身に着けなければならないことを考えると、納得です。ウェディングリングの刻印はかつてなかったほど個人的なものになっており、特別な意味があります。最新のレーザー技術のおかげで、文字通りなんでも刻印することができます。指紋、あなた自身の手書き文字、自作ロゴ、写真さえも!不可能なものはありません。

また、今年のウェディングリングは、男性用も女性用も、どちらにもダイヤモンドがセットされています。ますます多くの男性が、(ほとんどの場合は1個)ダイヤモンドが入ったウェディングリングを欲しがっていることは感慨深いものです。男性だって、自分の人生の最も美しい日とそれに続く年月、輝いていたいのです。弊社ではまた、ダイヤモンド ウェディングリング の幅広いセレクションを提供しています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER